リニアの橋本駅について。

橋本駅は地下化ということが発表。品川駅と山梨にあるリニア路線を線引きすると、ちょうど16号沿いのマック下あたりを通過して相原高校に地下駅。京王線に近接、並行する形で品川へ。

地下40mというと マンション の高さでいうと15階くらい。地上からどういう風に地下駅までアクセスするのだろうか?と楽しみです。


【小田急多摩線の延伸】

それに合わせて気になるのが、小田急多摩線の延伸。
相模原市の計画では相模原駅を経由して上溝へ…となっていて、小田急と協議を続けてきましたが、小田急の回答は『上下分離方式』でなければやらない!とのこと。最近の発表です。

上下分離方式とは何かというと、線路、駅の建設費は相模原市、神奈川県で出資して造り、小田急はそれを借りて運営する…ということです。
積算すると、唐木田から淵野辺までだいたい3600億円くらい。相模原市に1000億円くらいは出資してくれ!というわけです。
どだい無理な話ですよね(笑)

小田急側にしてみれば、相模原駅を通したところで、新規のお客さんはそれほど望めないし採算が合わないってところです。
考えてみれば当たり前な話で、現在、相模原駅のお客さんで新宿、東京に向かう人は橋本駅経由が多いですが、大した乗降客数ではないですから。

相模原市の都市計画を考えると、確かに相模原駅を経由して相模原市横断、上溝が理想ですが、実現は個人的には厳しいと考えています。

小田急の延伸を橋本駅にすると、少し話は変わってきます。建設費も3,600億円くらい、小田急にとっても自社のお客さんを取るのではなく、完全な新規のお客さんがとれるわけですから。
しかもリニアで名古屋、大阪方面に向かう沿線のお客さんは橋本駅から乗るわけで下りについては京王線とまったく競合しない。
それでも上下分離方式は避けられないでしょうが。
小田急側はそんな遠くないうちに橋本駅乗り入れを協議してくるものと思われます。


【相模原市の横浜線の八王子駅経由相模湖駅延伸プラン】

相模原市の都市計画マスタープランを見ると、横浜線の相模湖までの延伸をかかげています。市側とすれば都市構造的にも完全に分離している相模湖、津久井方面と相模原市中心部を一体化したい!という願いが伝わってきます。
実現可能性は、建設費的にも八王子駅の横浜線と中央線を結ぶわけですから、大してかからないだろうということからも十分ありえます。


【中央本線の橋本駅延伸を提言】

ただ、橋本駅がリニアの駅になることを考え、中央線沿線の住民のアクセスを考えると、中央線の始発駅を橋本駅に誘致するという手もあるのではないでしょうか?
八王子駅の東側の地図を見ると、中央線と横浜線を結ぶ線形は実現可能です。その代わり、橋本駅始発の中央線は八王子飛ばしの立川になりますが。あとは中央線は10両、横浜線は8両なので橋本駅~片倉駅までの駅は少し増設しなければなりませんが。

続く…