平成26年3月、相模原市・町田市は小田急多摩線の延伸計画に関する研究会の報告書を発表した。
これによると、相模原市は小田急多摩線の延伸を、現在の唐木田駅~中間駅(町田市内)~JR相模原駅~上溝駅へとの延伸を最終案としてまとめている。



あくまでも市の計画・誘致案であり、これを国に報告し首都圏の整備路線として認定されなければ何も始まらない。

客観的に見て、このルート案は相模原市本位で検討すれば横断方向の交通網を整備するという意味で妥当である。 しかし、リニアを含めた将来の首都圏の視点、現在の小田急沿線の利用者の視点で考えると、やはり押しが弱いと言わざるをえない。

この計画案では相模原駅~上溝駅近辺の「都心へのアクセス向上」にのみしかその意義が見当たらないからである。
この地域は既に市街地が形成されており、多摩線の延伸によって更に市街地が高密度化するとは考えにくい。 結局、現在の小田急多摩線の延伸によって得られるものは、京王線のパイを少し奪うだけであり、相模原市が得られるものは少ないと想像出来る。 小田急側も現在の沿線利用者、株主からは「なぜリニアの駅の出来る橋本駅に接続しないのか?」との疑問の声があがるのは容易に想像が出来る。

首都圏全体で小田急多摩線の延伸の意義を考えた時に、橋本駅に接続すれば、小田急線沿線の利用者は関西圏・中京圏へのアクセスが高まるのは明白である。

今回の相模原市の発表案でも、延伸路線の乗降客数はさほど大きくないため、やはりこの案の代替案としてLRT計画を提言したい。
これについては、当ブログの相模原LRTのカテゴリを参照して頂けたらと思う。