こんばんは。
正月に横浜線の立体交差化に向けた取り組みが相模原市から発表されました。遅くなりましたが記事にしました。

a1cdf43e8d764ee444a852a94658ae01

(参考ページ)神奈川新聞 http://www.kanaloco.jp/article/82269/cms_id/119007

この工事の目的は、相模原の市街地が横浜線の線路によって分断されていることから、相模原駅前の返還に合わせて地下化、もしくは高架化し、町の一体化を一体的な開発を図りたいということのようです。

上記新聞記事から見た計画によると、横浜線が地下化された場合、JR橋本駅も地下駅となりそうです。
気になるのが、橋本駅の車両基地。ここだけが気になります。


もしJR橋本駅が地下化された場合、「リニアの地下駅へのアクセスが容易となる」というメリットがあります。 

現況だと横浜線からリニア地下駅にアクセスする場合、地上2階の改札を出て今度は地下40m近く(マンションでいうと15階分くらい)までエレベーターで降りなくてはなりません。

JR橋本駅が地下化されれば、リニアへのアクセスは従来に比べるとかなり容易になりそうです。
ついでに新設される橋本駅に、横浜線相互乗り入れの中央本線のホームも作れば・・・と妄想


ぜひ実現させて欲しいです。