こんばんは。

これまで5年近く中央線の橋本駅延伸について提言してきました。今回は現段階の関連する主な計画等を再考しまとめたいと思います。


【中央線の状況】

⑴ 平成12年の運輸政策審議会第18号答申に続き、平成28年の答申で中央線の三鷹‐立川間の複々線化が盛り込まれた。
⑵ 中央線は将来的には、平成32 (2020)年をめど(その後、延期されたが完成時期は決まっていない)に、グリーン車2両を連結して12両編成とする計画が進んでいる。

 ※ 引用-東洋経済
  https://toyokeizai.net/articles/-/177731


【横浜線の状況】

⑴ 横浜線は8両編成。
⑵ 橋本駅の横浜側に車両基地がある。そのため橋本駅が始発着駅となっている。2番線のホームは主にそのために使用されている。


【橋本駅の状況】

⑴ 車両基地は横浜方面北側にあり始発ホームは2番線となっている。そのため現在横浜方面とクロスしている。
⑵ 京王橋本駅の移設に伴いその敷地などを利用しJR東日本が駅の改良工事を行える可能性がある。
⑶ 仮に京王跡地等をJR東日本が取得出来た場合、ホームの拡幅、それに伴い高架改札と、場合によっては地下改札の新設も可能となる。



【中央線橋本延伸の提言】

【メリット】
⑴ 中央線沿線の大半(新宿以西)のリニア利用客が橋本駅利用となる。(乗り換えなしでアクセス可能)
⑵ 橋本の活性化。立川や町田とまではいかないにしてもそれなりの中核都市形成の可能性。
⑶ リニア全車の停車の現実性・合理性が高まる。
⑷ 地価等でも分かる通り中央線ブランドの獲得も。

【デメリット】
⑴ JR東日本の負担、経営的なメリットが少ない。


【延伸の手法】
⑴ 中央線が12両編成になった際、八王子駅で後ろ6両を橋本行きにしスイッチバック。
⑵ 可能ならば八王子駅飛ばしで、北野駅西側に中央線と横浜線の専用連絡線を後々計画。
⑶ 以下の写真の通り橋本駅の改良。  


(案1) 
 ・現在の横浜方面ホームを廃止する。
 ・横浜線は2面4線の駅に拡張する。
 ・中央線の1面2線のホームを新設。

hashimotoekiriosu



(案2)
 ・現在の横浜方面ホームを廃止する。
 ・横浜線は2面4線の駅に拡張し、八王子方面を中央線と共用する。

hashimotoeki


【雑記】

案1,2いずれにしてもホームの拡張に合わせ、京王線橋本駅の跡地は必要となりそうである。
ただ中央線の12両編成は2両がグリーン車を計画しているため、八王子駅での切り離しスイッチバックは何かしらの対応が必要となる。

数十年後には12両編成の中央線が直接乗り入れるのも想定したい。

続きはまた徒然と。